住宅会社選び

三木、加東、西脇、小野など、播磨地区で納得できる注文住宅を建てるためには業者選びがとても大切。
ハウスメーカーにするか工務店がよいのか。
注文住宅がはじめての方はご一読くださいませ。

ハウスメーカーと工務店はどちらがいい?

ハウスメーカー

ハウスメーカー

正式な定義はありませんが、全国的に営業所やモデルハウスを持ち、テレビCMなどで知られる大手住宅メーカーを指します。基本的に大手としての社会的信頼性の高さが大きなメリットとなります。各社工法は様々ですが、設計チェックや施工手順などのマニュアルは充実していると思われます。(一部のローコストメーカーは除く)

一方で、販売会社であることから、企業も営業マンも販売ボリュームを追う関係で、時間のかかる作業を好まない傾向があります。

また、自社の取り扱う部材をベースに勧めており、市場での新製品やいろいろな商品比較を希望される方には不向きな一面もあります。
設計の自由度はやや低めと言えるでしょう。

工務店

工務店

こちらも決まった定義はありませんが、一般的に地域に根ざして住宅建築を請け負う業者の事を指します。但し、会社名に工務店と付いていても全国展開をしている会社もあり、その場合は事業形態として上記のハウスメーカーにあたります。

工務店の多くが、地域密着型の「家をつくる会社」なので、細やかな要望や相談にも対応ができ、希望の材料を使用するなど、設計の自由度は高いと思われます。

住宅ローンを利用する際も、建築会社が地元で信用のある工務店の場合、融資条件が有利に働く事も多いようです。

ただし、ハウスメーカーと比べると規模は小さく、会社によって得意とする地域、施工能力や設計力、建築士在籍の有無や、建てた後の対応に違いがある為、地域での評判や家づくりの特徴、現場見学会での対応などさまざまな視点から、自分たちにあった会社選びをすることがとても重要です。