快適住宅365が快適な理由「耐久性に優れている」

世代を超えて安心できる家であるために、耐久性への工夫を随所に施しています。

優れた耐久素材と工法を組み合わせ、劣化をしっかりと防ぎます。

  • 壁内の風通しを良くすることで
    「結露」や「腐食」を防ぐ

    壁内の風通しを良くすることで「結露」や「腐食」を防ぐ高断熱・高気密の家で注意しなけれならないのが壁の中で起こる結露です。柱や土台を腐らせる原因ともなります。そこで、外装材と断熱材等の間に空気の流れを作ることで壁内結露やカビの原因となる湿気を外部に放出。構造体全体の腐朽を防ぎ、耐久性を高めます。

  • 防水性と透湿性を兼ね備えた
    「シラス壁」が建物を守る

    防水性と透湿性を兼ね備えた「シラス壁」が建物を守る外壁の表面の防水加工を施さず、素材のみの力で雨をシャットアウトするシラス壁は、メンテナンス不要な外装材です。「シラス」と同じ火山噴出物は、イタリアにもあり、ローマ時代につくられ今も姿を残すパルテノン神殿や古代エジプトのピラミッドにも使用されていました。透湿性にも優れ、湿気を壁表面から放出。結露・カビの被害から建物を守ります。

  • 効果が半永久的に続く自然素材
    「ホウ酸」による木材劣化対策

    効果が半永久的に続く自然素材「ホウ酸」による木材劣化対策シロアリや木材を腐らせる菌を死滅させる「ホウ酸」による劣化対策を施します。合成殺虫剤の効果が3~5年で切れるのに対し、分解・揮発することのない自然素材である「ホウ酸」は、その効果がいつまでも低下せず室内の空気を汚すこともありません。