住宅ローン②

前回に引き続き、今回も住宅ローンについてのお話です。

 

住宅ローンのタイプについて先日ご説明しましたが、

今回はそれぞれのメリット・デメリットについてです。

《固定金利のメリット・デメリット》

「固定金利」は、金利が急上昇した場合も影響を受けず、将来設計が立てやすく安心感があります。

「固定金利」は、変動金利よりも高く設定されているので、毎月の返済額がその分大きくなります。さらに、今後金利が下がっても、その恩恵を受けることは出来ません。

《変動金利のメリット・デメリット》

「変動金利」は、ほとんどの場合「固定金利」より低くなる為、月々の返済額が低く抑える事ができます。

「変動金利」は、半年毎に金利の見直しがある為、「固定金利」の様な安定感はありません。

 

さらに金利が急上昇した場合、利息分が毎月の返済の限度額を超えてしまい、未払い利息が生じるケースもあります。そうなると、毎月返済しているにも関わらず、借入金残高(元金)は全く減らないということも⁉︎

 

住宅ローンを組まれる際は、上記の事を踏まえて自分たちにあった返済プランを考えて、相談して選ぶ必要がありますね。

 

少しでも参考になればと思います。

 

≫住宅ローンは大手銀行で組んだ方が有利ですか?

 

毎週土日祝日、モデルハウスでは、

資金計画や融資のご相談も受け付けております。

≫快適住宅365モデルハウスの詳細はこちらから